1. Top » 
  2. ヘッジファンド








マン・インべストメンツ社 マンAHLダイバーシファイドとは

マン・インべストメンツ社のマンAHLダイバーシファイドとは、英国の大手ヘッジファンドで世界有数のオルタナティブ(代替投資)運用会社であるマン・インべストメンツ社の主要運用部門の一つ、AHLが運用するプログラムです。

マンAHLダイバーシファイドは、マネージド・フューチャーズと呼ばれるヘッジファンド投資戦略手法として進化してきました。

マンAHLダイバーシファイドのマネージド・フューチャーズ戦略はトレンド・フォロー型の運用をしていて、株価指数や商品先物、通貨など広範な金融商品を対象にコンピュータで値動きの方向性を解析し、相場の上げ・下げによらない収益を狙う運用手法です。

トレンド・フォローとは、価格トレンドをいち早く見つけ、その動きに乗ると同時に、一時的な変動に左右されず長期トレンドの最後までついていくことです。

マンAHLダイバーシファイドの投資対象は、主に全世界の上場先物で投資対象資産は160程度に及びます。
株式、債券、通貨、短期金利、エネルギー、金属、農産物などを中心に、主に流動性の高い先物取引市場で売買をしているので、世界的な分散投資を容易にする効果もあります。

世界中の市場は上昇トレンドと下降トレンドを繰り返していますが、下降トレンドからもリターンを出すことができるのがマンAHLダイバーシファイドのようなマネージド・フューチャーズです。
そして、世界100以上の市場で、売り買い両方のポジションをトレンドフォロー戦略でプログラム化されたシステム取引していれば、長期的に高いリターンを期待できるかなり強力な運用資産になり得ます。

人間の行動原理が変わらない限り、金融商品での価格トレンドが無くなることはない思いますので、トレンド・フォロー戦略をとるマンAHLダイバーシファイドは景気サイクルに左右されない運用の一つではないでしょうか。

マンAHLダイバーシファイドと株式や債券との長期の相関係数は低く、資産の分散投資効果も発揮できます。

マンAHLダイバーシファイドは、金融市場の混乱期に強いのも特徴の一つです。
1997年のアジア金融危機、98年のロシア危機やLTCM破綻、2000年のITバブル崩壊や2001年の米国同時多発テロ、そして2007年から2008年の世界金融危機と世界の株式相場が大きく下げる中でいずれもプラスのリターンをあげてきました。









Page Top

ヘッジファンド投資
コンテンツ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
ユーザータグ

ADP ヘッジファンド マンインベストメンツ マンAHLダイバーシファイド AHL マネージドフューチャーズ 先物 オルタナティブ トレンドフォロー 資産運用